Image photo

緑豊かな郊外から、
都心へスムーズなアプローチ。

都心の喧騒とは無縁の落ち着きと伸びやかさに包まれた暮らしの舞台でありながら、こんなにも身近に都心と結ばれた郊外。
贅沢なまでのフットワークの軽快さが、この街に暮らすゆとりをさらに大きく広げてくれます。

大阪市内へ2線利用で
スピーディーにアクセス。

歩ける最寄り駅として利用できるのが徒歩15分の阪急箕面線「牧落」駅。ここから、阪急「大阪梅田」駅へは、ふた駅隣りの「石橋阪大前」駅で、特急や急行にも乗り換えられます。また、阪急バス「永楽荘四丁目」バス停からのバスアプローチなら、北大阪急行「千里中央」駅へ約17分。ここからOsakaMetro御堂筋線「梅田」駅へ21分でアクセスできます。

阪急箕面線

「牧落」駅へ徒歩15

【阪急箕面線】
十三から京都・神戸へもダイレクトアクセス。
※「石橋阪大前」駅で阪急宝塚線「大阪梅田」行き急行に乗り換え。
【北大阪急行・Osaka Metro御堂筋線】
本町・心斎橋・なんばから
天王寺まで大阪の中心を結ぶ。

中国自動車道から名神高速道路・
近畿自動車道へ広がるカーアクセス。

マイカーなら、国道171号や新御堂筋、阪神高速道路といった都市圏道路網が軽快に利用できます。さらに、中国自動車道や名神高速道路、近畿自動車道など、広域高速道路網へのアプローチもスムーズ。日常の車移動や週末のレジャー、遠方へのご旅行など、多彩なドライブシーンをサポートします。

北大阪急行の延伸とともに、新しい素敵な暮らしがきっと生まれる。

かつて、時代の最先端をカタチにしてくれた千里は、いま新たな未来ビジョンを掲げ、ふたたび時代の最先端へと走り出そうとしています。
都市機能の大幅な更新と、鉄道の延伸。そこから生まれる波及効果により、新しい素敵な暮らしがはじまります。

  • 「箕面萱野」駅

    「新大阪」駅、「梅田」駅、「心斎橋」駅など大阪の中心部を結ぶOsakaMetro御堂筋線と相互直通運転を行う北大阪急行。2023年に新駅「箕面萱野」駅まで延伸予定です。駅前には、新たにバス乗り場やタクシー乗り場、駐輪場が整備される予定です。

    「箕面萱野」駅(箕面市提供)
  • 「箕面船場阪大前」駅

    北大阪急行の延伸により、箕面船場にも新駅「箕面船場阪大前」駅が誕生します。すぐそばに、「大阪大学箕面キャンパス」が設けられ、駅前には、芝生の広場やデッキが整備されるほか、文化ホールや図書館、駐車場が一体となった複合施設も整備されます。

    文化芸能劇場(箕面市提供)

未来を先取りしてきた千里中央に、また新しい未来が始まる予感。

  • 千里中央では、街の機能を大きく更新する再開発計画が進行中。セルシーの跡地や千里阪急など、10万㎡級の再開発構想のほか、駅西側エリアでも、ピーコックストアや立体駐車場などを再整備する構想も検討中です。

    千里阪急+セルシー一体再開発

    延床面積10万㎡級
    主用途は商業
    バスターミナル・賑わい広場の確保
    地区内の自動車交通の円滑化・適正化等に資する駐車場の整備

    駅西側における再整備

    地区全体を意識しつつ、南北に位置する施設間の繋ぎや周辺施設との相乗効果・相互補完等の観点を重視
    公共的な歩行者動線・バスターミナル・防災空間等の確保
    駐車場再編計画に合わせて用途転換や高度利用も視野に検討

  • ※「千里中央地区活性化基本計画」