グラン・トワール東豊中  >  コンセプト

コンセプト

東豊中には、「豊かな」暮らしがつまっている。

「安定感のある豊かな暮らし」、「家族が安心して住める豊かな家」など、
今ではそれが“あたりまえ”になっています。
今までの「豊かな暮らし」はあたりまえの基準で、今までよりワンランク上の「豊かさ=贅沢」を味わいたい。
ゆとりある静かな土地で、"自由設計だから叶う"、上質でこだわりの住まいをつくりたい。
そんなお客様の願いを、便利な生活環境のそろった「東豊中」で実現しませんか?

「ゆたか」さとは?

あたりまえの基準はここにある。

  • 敷地面積

    154.03㎡(約46.59坪)~
    246.29㎡(約74.50坪)

  • 道路幅

    5.7m〜6.0m

  • 第一種低層住居専用地域

    用途地域のなかで最も規制の厳しい地域である「第一種低層住居専用地域」は、良好な住環境を維持するために、建てられる建物の高さや建ぺい率・容積率が低く抑えられています。
    店舗の設営面積なども細かく制限されているので、例えば、高さ制限10mまでと規定があります。
    日影も少なく、空の大きな街並みを維持することができます。
    また、建ぺい率が抑えられていれば、地面にも陽がよく届き、冬でも街全体が明るく感じられるでしょう。空地割合が高くなることから、自ずと緑地も増えます。住むほどに、「五感で自然を楽しむ」暮らしを実現できます。

  • 東豊中風致地区

    風致とは「自然の風景などのもつ趣き・味わい」という意味。
    また、都市計画法では「風致地区」を「都市の風致を維持するために定められる地区」と定義されています。
    つまり、風致地区は自然的景観や歴史的意義を持つ区域の風致を維持するために決められた地区で、住宅環境としても注目の地域です。
    風致地区では都市環境を維持し、地区内の自然を保護するために建物などの建築、土地の形状を変えることや木竹の伐採などの行為を制限しています。
    その中でも、東豊中風致地区は「住宅地の景観を維持する」という意味で定められた地区です。

  • 豊かな自由空間

    家族のワガママを叶える、広々とした自由設計の家。
    この敷地だからこそ叶えられる、プラスアルファの空間が作れる。

  • 豊かな教育空間

    子どもの将来を見据えた、子育ての街。
    落ち着いた環境の中、子どもの未来をしっかり考えられる。
    そんな環境が充実しており、学習塾も多数。

  • 豊かな商業空間

    周辺施設には暮らしに便利な施設が揃う。
    お気に入りの場所を見つけたり、買い比べも楽しめる、毎日の買い物を充実した時間に。

お電話はこちらから0120-84-0771